スレンダ用語集

dictionary

皮膚(肌)とは

大きく3つの層から構成され、見た目や印象を大きく左右する非常に重要な身体の表面部分です。美容関連でよく耳にする、コラーゲンやヒアルロン酸、肌のターンオーバー、等は皮膚に大きく関わるキーワードとなります。

皮膚の構成
  1. 「表皮」
  2. 「真皮」
  3. 「皮下組織」

1 表皮

皮膚のもっとも表面にある層を「表皮」と呼び、表皮の厚さは0.1~0.3mm程度です。表皮は更に4つの層に分類され表面から「角質層」「顆粒層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層(きていそう)」で構成されています。表皮の生まれ変わりがターンオーバー(皮膚の新陳代謝)と呼ばれています。エステでは肌のターンオーバーを促進することが可能です。

2 真皮

表皮の下は「真皮」と呼ばれる厚さ2mmほどの層で、表面に近い方から「乳頭層」「乳頭下層」「網状層」の3つの層に分かれています。真皮の主成分は「コラーゲン」で、網目状に張り巡らされたコラーゲンが皮膚の弾力を作り出しています。そして、このコラーゲンを支えているのが、ゴムのような弾力を持つ「エラスチン」で、コラーゲンと同じくたんぱく質からできています。 加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少や、紫外線のダメージで弾力が失われることがシワの原因になります。また、真皮はムコ多糖類(グリコサミノグリカン)というゼリー状の物質である「ヒアルロン酸」も多く含んでいるため、コラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて皮膚全体の水分を保つ役割を担っています。

3 皮下組織

真皮の下は皮下組織と呼ばれ、大部分が皮下脂肪で構成されています。皮下組織には動脈や静脈、リンパ管が通っているため、お肌に栄養を届け老廃物を運び出すという重要な役割を担っています。

リンパとは

リンパには排泄機能と免疫機能があり、うまく機能しないと全身の倦怠感、むくみ、慢性的な疲労や体調不良等の原因となります。その為、リンパの流れを良くするという事は、健康な身体を作るうえでは欠かせません。

1 リンパの主な働き

体内の老廃物の回収と運搬(排出するための準備)
細菌や異物が体内に入らないようにする免疫機能

2 リンパの詳細

(1)「リンパ管」の役割

全身に張り巡らされているのが「リンパ管」

リンパ管は毛細血管から漏れた水分をすくい、血管の静脈系に戻す役割を担っています。
血管を流れる血液は心臓をスタートし、全身を巡って心臓に戻ってきます。血液の液体成分は常に血管内を流れているのではなく、細胞に酸素と栄養素を届けるために、毛細血管の動脈側で血管から流出します。そして、静脈側で血管に戻れなかった水分はリンパとなり、これを回収して血流に戻してくれるのがリンパ管です。
リンパを回収するリンパ管の起点は毛細リンパ管といい、起点は閉じた状態で身体中にクモの巣のように分布しています。
毛細リンパ管が合流して太くなったものがリンパ管で、多くの弁をもっていてとくに太いものでは弁のところがふくらみ、数珠状につながってみえます。リンパ管はリンパ節を経由しながら、最後はリンパ本幹となって静脈につながります。

(2)「リンパ液」の役割

リンパ管に吸収され中を流れている血しょうの一部が「リンパ液」

リンパ液(単にリンパとも言う)は全身に張り巡らされたリンパ管を流れながら、体の免疫機能を司る重要な役割を担っています。

  1. 老廃物の回収
  2. 外部からのウイルスや細菌の退治
  3. ウイルスや細菌などへの抗体作り

リンパ液の主成分は、血液中の液体成分である血しょうです。
血液は心臓から出て、また心臓に帰りますが、一部の血液は体のすみずみで毛細血管から外に出て、体内の細胞に酸素と栄養素を届けています。
リンパ液は筋肉を動かす事で流れていくため、運動不足や、同じ姿勢で仕事や勉強をしているとリンパを流す為の筋肉運動量が足らず、むくみ・冷え・疲労につながってしまいます。
エステやマッサージでリンパを流すことで、むくみ・冷え・疲労が軽減されます。

(3)「リンパ節」の役割

全身の要所にありリンパ管が合流している部分が「リンパ節」

「リンパ節」は、リンパ管の節目にあるリンパ液にとって非常に重要なろ過装置の役割を担う部分です。リンパ液の中を流れているウイルスや細菌などの異物を食作用によって処理するため、リンパ節が腫れて痛い場合は免疫が働いている証拠でもあります。脇の下のリンパ節、首のリンパ節、そけい部のリンパ節では骨髄で作られたリンパ球の一部が成熟しています。

筋肉とは

筋肉には赤筋と白筋の2種類があり、身体を動かすうえでなくてはならない体組織です。
赤筋と白筋は、収縮速度の違いからそれぞれ遅筋と速筋として分類される場合もあります。

1 赤筋

赤筋は遅筋とも呼ばれ、筋肉が収縮するスピードが遅く弱い力しか出せませんが、スタミナがあり持久力に優れているという特性があります。長い間収縮し続けることができ、ランニングなどの長時間持続的な有酸素運動の際に主に使われる筋肉です。
赤筋を鍛えることで身体の脂肪を燃焼させ、セルライトの分解や身体の引き締め効果が期待できます。持久力に優れた筋肉のため、疲れにくい身体を作ることも可能です。

2 白筋

白筋は速筋とも呼ばれ、筋肉が収縮するスピードが速い速筋は、素早く大きな力を発揮することができ、瞬発的な運動を行うときに活躍します。
速筋は、短距離ダッシュやウエイトトレーニングなどの無酸素運動で主に使われる筋肉のため、スタミナは少なくすぐにバテてしまうという弱点があります。
白筋は食事で摂り過ぎた糖質を代謝するため、鍛えることで太りにくい体質に改善してくれます。

老廃物とは

1 老廃物

古い細胞の代謝によって発生する身体に溜まった不要物の総称です。
老廃物は毒素のため、身体に溜まることで血管やリンパ管を圧迫し、血液やリンパ液の流れが悪くなり、セルライト、疲れ、冷え、便秘等の体調不良や、ニキビ等の肌トラブルに発展してしまいます。
そのため、老廃物を汗や尿として、リンパや腸を通じて体外に排出する必要があります。

2 老廃物の影響と解決策

女性の悩みであるセルライトも老廃物が原因です。
身体に溜まった老廃物が脂肪細胞の排出を妨げ、冷えて固まることでセルライトになります。
老廃物は、体調不良や肌トラブルの原因にもなるため、ダイエットや痩身だけではなく、健康や美容のうえでも老廃物の排出はとても重要です。
老廃物の排出には、体を動かし体温と代謝を上げることが大切です。運動できない場合には、ストレッチで筋肉をほぐす、エステやマッサージでリンパをしっかりと流すことが効果的です。規則正しい生活や、栄養バランスの取れた食生活で心身のバランスを整えることも重要です。

代謝・基礎代謝とは

1 「代謝」とは

「代謝」とは外部から摂取したエネルギーが体内で利用・消費されることで、大きく2つの種類があります。

  • 「基礎代謝」は呼吸や体温維持、臓器の働き等の“生命維持”に必要なエネルギー消費
  • 「新陳代謝」は新しい細胞が生まれ古い細胞が排出される一連の活動サイクル

基礎代謝とは、人が生きていくうえで絶対に必要で、生命を維持するための最小限のエネルギー消費です。呼吸、内臓機能、体温調節など、人は無意識のうちに生きるための活動をおこなっています。基礎代謝が下がるとエネルギーの消費量が減ってしまい、痩せにくく、太りやすい身体になってしまいます。

新陳代謝とは、身体の古い細胞と新しい細胞が入れ替わる現象のことです。髪の毛が伸びたり、爪が伸びたり、皮膚がいつも正常な状態でいられるのは新陳代謝が行われているためです。新陳代謝のサイクルが正常に行われなくなると、細胞の再生が遅くなり肌や身体に悪い影響がでやすくなります。

2 代謝がいい人と悪い人の特徴

(1)代謝がいい人

  1. 適切な筋肉量がある

    人の基礎代謝量のうち30~40%は筋肉で消費されていると言われ、筋肉量が増えれば体内で消費されるエネルギー量が増加し、基礎代謝量も増加します。

  2. 内臓の動きが活発

    内臓の働きが活発だと食事の栄養素を効率よく吸収し、不要な老廃物をスムーズに排出することができます。また、体内で消費されるエネルギー量が増加すると、新陳代謝が上がり、基礎代謝量も増える傾向にあります。

  3. 過食せずバランスのとれた食事を摂っている

    食べ過ぎて消化不良になると代謝が悪くなるため、食事は胃腸に負担をかけない量が良いとされています。基礎代謝量を上げる筋肉の原料は主に「たんぱく質」のため、たんぱく質を吸収しやすい栄養素をバランスよく摂ることが重要です。

  4. 水分補給をしっかりしている

    水分をしっかりと摂ることで体内の水分が新しく入れ替わります。体内の古い水分は汗や尿となり老廃物として体外へ排出されます。水分は一日約1~2リットル必要とされています。

  5. 汗をしっかりかいている

    しっかり汗をかくことで体内の古い水分が老廃物として体外へ排出され、新陳代謝がよくなります。一般的に基礎代謝が高い人は体温が高いため、汗をかきやすいと言われています。

  6. きちんと睡眠をとっている

    睡眠中に分泌される成長ホルモンが新陳代謝の働きを高めます。成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に多く分泌されるため、この時間帯はお肌の新陳代謝を促すためにも睡眠を取ることが重要です。

(2)代謝が悪い人

  1. 低血圧

    低血圧とは、全身に血液を送り出す力が弱まっている状態です。 血液が巡りにくいと血行不良になり、体温が下がって基礎代謝が低下します。また、血行不良になると全身の血管に酸素や栄養が届きにくく、新陳代謝も低下する傾向にあります。

  2. 冷え性

    筋肉量が少なく基礎代謝が低い人は、冷え性になりやすい傾向があります。 冷え性の人は血液の巡りが悪くなり、内臓やお肌の新陳代謝も落ちてしまいます。

  3. 疲れやすい

    疲れやすさは、体内に溜まった老廃物が一因です。 新陳代謝が低下すると老廃物の排出量が減り、体内に毒素が回って疲労を感じやすくなります。また、基礎代謝が低い人は筋肉量も少ない傾向にあるので、少し体を動かすだけでも疲労感を感じてしまいます。

  4. 汗をかきにくい

    基礎代謝が低下すると体温が下がり、汗をかきにくくなる傾向があります。汗をかかないと体内に余分な水分が溜まるため、冷えを感じた身体が熱を逃さないようさらに代謝を下げるという悪循環に陥ります。

  5. 便秘がち

    便秘は、血行不良や胃腸の働きの低下などが原因となります。排便によって老廃物を体外へ排出することも新陳代謝の1つのため、便秘で新陳代謝が低下することになります。

3 代謝を良くするための方法

(1)インナーマッスルのトレーニング

筋肉量が少ない人にはインナーマッスルを鍛えるトレーニングがオススメです。インナーマッスルは血液の循環を促すため、鍛えれば代謝アップに効果が期待できます。低負荷で持続する運動で鍛えられるので、運動や筋トレが苦手な人にも適しています。

(2)スローレジスタンス運動

日常生活の動作を大きくゆっくりと行うことや、力を入れたり抜いたりするだけでも、運動をしているのと同じように代謝を上げることができます。

例えば、

  • 普段歩いている道を大股で歩く
  • 掃除機をかける時に大きく動くように意識する
  • シャワーの時に痩せたい部分に力を入れて5秒止める
  • デスクに座りながら、太ももに力を入れて5秒止める

(3)生活習慣の改善

血行不良の人は、生活習慣と食生活を見直すことで改善が可能です。 水分を摂る、栄養バランスのよい食事を心がける、身体を冷やさないよう気をつけるなどの習慣をつけることで、血流が巡りやすくなり代謝を上げることが可能です。

(4)腸活をする

腸活とは腸の活性化を促すため、生きた酵素や乳酸菌をとって腸内の菌のバランスを保つことです。効果的な食べ物は、納豆、キムチ、ヨーグルト、味噌などで、オリゴ糖も腸の善玉菌の栄養になるので砂糖の代わりに使うと整腸作用があります。暖かい飲みもや味噌汁も胃腸を温めてくれ、腸の活動が活発になることにより代謝が上がります。

キャビテーションとは

キャビテーションとは、水中などで圧力が変化した場合に発生する「気泡」を意味します。
もともとは地質学と液体力学の専門用語である「空洞(くうどう)現象」のことです。

キャビテーションは、超音波で体液のなかに気泡を発生させ、気泡が弾ける衝撃が周辺のセルライトや脂肪細胞を小さくします。小さくなった脂肪は乳化し、マッサージや運動で体外へ排出されます。
脂肪細胞の数を減らすことができると言われており、リバウンドの心配がない痩身方法と言われています。
超音波は身体に当てても痛みや熱いと感じることもないため、痛みや熱が苦手な方や、お腹周りに脂肪のつきやすい糖質を食べると太りやすい遺伝子タイプの方にオススメのマシンです。

※乳化とは、水と油の様に本来は混ざり合わない物が混ざり合う現象のことです。

RF吸引とは

RFとはRadio Frequencyの略で、エステ・医療分野で使用する高周波をラジオ波と呼びます。
人間の体内(生体組織)にラジオ波を流すと、その周波数によって体内の水分や組織の分子が振動し、分子同士が激しく揺れ動かされることにより摩擦熱が発生します。
ラジオ波の周波数が高いほど分子を振動させる力も強く、電流の流れる量が多いほど熱の発生も多くなります。

発生したジュール熱により、身体を中から温めることができるので、サウナや入浴などの外から温める行為に比べて熱の持続時間が長く体温が3~5℃、部分的には約7℃上昇し、脂肪が一番燃焼しやすいと言われている42〜43℃に保つことができます。

EMSとは

EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの略語で、電気の力で筋肉を刺激する筋トレ系痩身エステマシンです。
もともとは医療用のリハビリテーションやプロスポーツ選手、アスリートの筋力アップ用に開発されましたが、運動せずに運動しているのと同じ効果が得られるため、EMSはエステサロンの痩身メニューとしても導入されています。
痩せやすい身体を作るには、摂取したカロリーを効率よくエネルギーに変えて、脂肪を燃焼させる筋肉が不可欠です。EMSは筋肉に微弱電気を流して強制的に動かすことができるため、日常生活ではあまり動かさない筋肉に働きかけて全身のボディラインを整えることが可能です。
運動が苦手な方や筋肉つきにくい遺伝子タイプの方に特におすすめの痩身エステメニューとなります。

ハイフとは

ハイフとは高密度焦点式超音波のことで、High-intensity focused ultrasoundの頭文字をとりHIFU(ハイフ)と呼ばれています。

ハイフは超音波を1点に集中して照射でき、狙った部分にだけ高密度な超音波をあてることで冷え固まったセルライトや増えすぎた脂肪細胞を減少させることが可能なマシンです。
対象をピンポイントで狙うことができるため、表皮や他の組織に影響がでないことが特徴です。
超音波をピンポイントで照射すると、加熱された脂肪細胞は穴の開いた状態となり、体外へと排出されます。脂肪細胞を小さくするだけの施術とは異なるため、リバウンドしにくい痩身技術と言われています。

身体や皮膚表皮などの組織に影響を及ぼすことなく、ピンポイントに照射された脂肪細胞だけがじっくりと時間をかけて体外へ排出されていくため、脂肪細胞の数自体を減らすこと効果が可能です。
皮膚を切開する必要もなく、脂肪細胞そのものを取り除く効果が期待できるため「切らない脂肪吸引法」とも呼ばれています。

ハイフの超音波は、狙った脂肪細胞にのみアプローチし、周辺の細胞組織やお肌に与える影響が少ないことが特長です。そのため、肌トラブルが起きにくく、安全性が比較的高い美容エステマシンとされています。

バイポーラとは

バイポーラとは、ラジオ波が2つの電極の間を流れるタイプのエステマシンで、脂肪の燃焼効果と、皮膚表層のコラーゲンの再生促進効果が期待できます。

高周波(ラジオ波)を使った痩身エステマシンは「バイポーラ」と「モノポーラ」の2種類のタイプに分けられ、それぞれ温め方のメカニズムや痩身効果に違いがあります。
電流を流すことでジュール熱を発生させることができ部分的なボディメイクに効果があります。

高周波は、2極以上の電極の最短距離を流れるという特性があります。バイポーラは、電極間に高周波を流すことにより、ジュール熱を発生させ皮下脂肪を温め、燃焼を促すことができるほか、皮膚表層の引き締めることが出来るエステマシンです。

熱を作り出すのが苦手で、冷えで代謝の落ちやすい脂質をとると太りやすい遺伝子タイプの方にオススメのマシンです。